車を買取に出したい!おすすめのサービスを12社徹底的に比較します

はじめに

長年乗ってきた愛車でも、いつかは手放すときがやってきます。
新車へ買い換える際下取りに出す、廃車するなどの選択肢もありますが、比較的メジャーなものとしては、買取に出して売却するという方法が考えられます。
でも通常は、買取に出す機会がそう何度もあるわけではありませんよね。

また、時代が進むにつれて、新しいサービスが次々と誕生して、よりお得に売れることもあります。
この記事を読んで、よりお得に買取に出すための参考にしてください
今事業を行っている主なサービスを紹介し、比較検討するための材料としてください。

各社の比較

車を売却すると一口に言っても、車を買い取ってもらういわゆる買取サービスや、個人売買で売る方法、オークションにかけるなど、様々な選択肢があります。
それぞれのサービスについて、提供している具体的なサービスとともに、特徴やを見ていくことにしましょう。

【買取サービス】

インターネット上などで査定を申し込み、業者に買い取ってもらう方法です。
買い取った車は中古車として再び流通させるサービスが多いですが、中には通常買い取ってもらえないものも買い取ってくれるサービスもあります。
それぞれのサービスについて、どんな特徴を持っているのかを見ていくことにします。

ENG

ENG


中古車輸出の専門業者で、輸出するための車の高価買い取りを謳っているサービスです。
マレーシアを中心とした東南アジアを主な輸出先としています。
従来はオートオークションでの買い付けが主でしたが、最近では個人ユーザーからの買取にも力を入れています。

特徴

ENGでは、ユーザーから買い取った車を、海外ユーザーへ直接販売しているのが大きな特徴です。
あまり知られていないところですが、海外において、日本の中古車は非常に人気が高いのです。
状態がよければ、国内での新車価格よりも高い値段で取引されることもあります。
ENGでは高い品質の中古車にこだわって販売することで高い信頼を得ることができ、高いシェアの獲得につながっています。
このため、他社よりも有利な条件を出して現地販売できるとともに、国内における仕入れでの、圧倒的な価格競争力を持つことが可能となっています。

高く買い取れる理由

通常の買取店は、買い取った車両をオートオークションに出品して、市場へ流通させています。
そのため、店の利益になる部分とオークション手数料を差し引いた金額で買い取ります。
一方、ENGでは、海外のユーザーに直接販売しています。
このため、ユーザーから直接買い取る場合でも、オークションの手数料の分、買取価格を上げることができます。
仕入れをオークション経由で行う場合は、中間業者である買取店の利益の分も含め、さらに買取価格を上げることも可能になります。

廃車本舗

廃車本舗


通常では廃車にしてしまうようなコンディションの車でも買い取ってくれる、買取サービスです。
このサービスでは、以下の特徴があります。

廃車手続きの手厚いサポート

廃車するには手続きが必要。
自分で手続きをしようという場合は、いろいろな手間がかかって大変です。
廃車本舗では、面倒な手続きは全て代行してくれます
必要のある書類についても、スタッフが説明して、その準備をサポートします。

手続きが無料

廃車手続きを自分で行う場合は、様々な費用がかかってしまいます。
しかし、廃車本舗に依頼すると、費用が一切かかりません。
通常必要になるレッカー代についても、廃車本舗が負担します

事故車や不動車でも買い取る

事故車や不動車をはじめとした、通常では値段がつかない状態の車でも買い取ってくれます
古い年式の車や過走行の車でも、思わぬ値段がつく場合もありますよ。

高値買取が可能な理由

廃車本舗では24時間体制の受付を行っていないのが特徴ですが、受付時間が短い分、その人件費相当を還元する形で、買取価格を上乗せすることが可能になります。
また、海外輸出業者と連携することによって直接の販売経路を確保している特徴があります。
そのため中間コストがかからず、その分を買取価格に還元できます
以上の理由で、他社で0円査定を受けた車でも、値段がついて買い取ってくれる場合もあるのです。

廃車ラボ

廃車ラボ


古い車や走行距離が極端に多い車、スクラップに近い状態の車で、普通は廃車にしてしまう状態の車も引き取ってくれるサービスです。
廃車ラボというサービス名が表すように、廃車にするコンディションの車を主な対象としています
このサービスには、以下のような特徴があります。

廃車にかかる費用が全て無料

自分で廃車手続きをする場合にかかるのが、廃車にする際の引き取り費用や手続き費用、スクラップ費用。
廃車ラボでは、これらの費用が全て無料になります。

キャッシュバックを受けられる

車の引き取りを頼んで受け渡しをする場合でも費用はかかりませんが、自分で持ち込むことで、さらにキャッシュバックがあります

カーネクスト

カーネクスト


買取実績No.1を誇る、廃車買取専門のサービスです。
古い車や車検切れをはじめとして事故車や故障車、不動車など、使わなくなった・使えなくなった車を買い取ります。

廃車費用が全て無料

自分で手続きをすると費用がかかる、レッカー代や書類代行料などが、全て無料で対応してもらえます。
会社によっては、無料になるのが「動く車の場合」や「手続きが面倒でない場合」に限られるところもありますが、カーネクストでは、どのような場合でも廃車費用は一切かかりません

0円以上買取保証

廃車にしてしまうと、費用だけがかかってしまうだけの場合が多いです。
カーネクストに依頼すれば、どんなに状態の悪い車でも、0円以上を保証して引き取ってもらえます。
状態がよければ、古い車でも値段のついた状態で買い取ってもらうことができます。
海外へ輸出する車種もあるので、人気の高い車なら、場合によっては思わぬ高値がつく可能性も。

廃車.com

廃車.com


廃車専門業者が集まった、廃車のプロフェッショナルといえるサービスです。
自動車解体業や粉砕業といった、廃車にした車を分解する場合に必要な許可を受けているので、安心して廃車を依頼することができます。

0円以上買取保証、かつより高額で買い取ってもらえる

通常、解体にまわすようなコンディションの車は、買い取った業者が仲介業者として買い取るため、仲介料に相当する部分がかかり、その分値段がつかない場合もあります。
廃車.comなら、自社で直接解体処理を行うため仲介の必要がなく、車の価値をそのまま買取額に反映することができます。
リサイクルに関する技術を磨き続けることで、さらに高値買取を可能にする環境づくりを行っています。

来店不要、Webで申し込むだけ

手続きの全てを代行してもらえるため、買い取ってほしいときは、ネットで入力して依頼するだけでOKです。

タウ

タウ


事故車買取の専門サービスです。
事故車といっても、そのコンディションは車によって異なります。
海外の販売ネットワークを駆使し、買い取った事故車をニーズの高いところへ輸出する体制が整っているため、高値で買い取ってもらうことが期待できます。
年間10万台以上の買取実績で、累計では88万台以上の実績を誇ります。

全国出張査定

正確な査定額を掲示するために、車の保管場所まで無料で出張し、査定してもらえます。

ローン返済中でも買い取ってくれる

ローン支払中の車に関しては、原則としてローンの一括返済をしないと買い取ってもらえない場合が多いです。
しかしタウに車を買い取ってもらう場合、タウで廃車手続きをすれば、自社のローン組替サービスを利用することで。車の売却が可能になります。

査定に出す前に、参考価格を知ることができる

実際に査定を依頼する前に、おおよその買取額の目安がわかるという特徴を持っています。
いくつかの項目を入力するだけで、相場を調べることができます。

アメ車買取.com

アメ車買取.com


オートギャラリーが展開する、車買取のサービスです。
なかなか高い値段がつきにくいアメリカ車の中古車。
そんなアメ車の買取に特化しています。
本サービスならではの特徴で、通常の買取サービスより高額で買い取ってもらうことが可能になります。

高値で買い取れる理由

通常の中古車は、買い取った車をオートオークションに出品して流通させるので、中間マージン等が発生し、その分買取価格を下げる必要が出てきます。
アメ車買取.comでは、オークションに出すことなく全て直販で流通させるので、その分買取価格をアップさせることが可能になります。
オートギャラリーグループは全国に直販店舗と販売網を持っているため、直販での流通ができるのです。
通常の買取の場合、カスタム車はなかなか高い値段をつけてもらえないのですが、アメ車買取.comでは、カスタム分もプラス査定してもらえるという特徴を持ちます。

不動車や事故車でも買い取ってもらえる

買い取った車を中古車として流通させることが本来の目的なのですが、パーツとしての需要も見込めるため、不動車や事故車など、廃車の対象となるような車でも買い取ってもらえます。
広い販売ルートを持っている会社ならではの特徴といえます。

カーセンサー簡単ネット査定

カーセンサー


カーセンサーは、リクルートが運営している中古車情報サイトです。
そのカーセンサーのサービスの一環として、ネット査定のサービスがあります。
数社の見積を比較した上で、一番高いところへ車を売ることができます
ディーラーへ下取りに出すよりも好条件が出ることも期待できるかも?

より高額で買い取ってもらうために

カーセンサーの買取サービスでは、買い取った車は別のところで新たに中古車として流通します。
つまり、中古車として価値が上がる要素は、すなわち買取価格を上げる要素になるということです。
人気がある車種は高価格になるので、もちろん買い取るときも高額で売却することができます。

査定の変動に影響するもの

定期点検整備記録簿は、車のカルテといえるもので、それまでの整備や点検の記録です。
どんなメンテナンスを行ってきたかがわかるので、その記録が残っているというのは査定額をアップさせる要素のひとつになります。
カーナビなどの装備は、すぐ旧型になってしまうため、ついていてもあまり査定額のプラスは期待できません。
アルミホイールも、あまり査定額のアップにはつながらない装備のひとつです。
査定を受けるときには、洗車をしてきれいなボディにしておくことも大事です。
外装の状態を正確に把握してもらうためと、これまでどのように車を扱ってきたかがわかるからです。

中古車の相場を見て売り時を決める

中古車は、流通する時期によって販売価格が変動します。
モデルチェンジの時期や季節、流通している車の人気状況によっても価格の変動があります
より高く車を売りたい場合には、日頃から相場を把握しておき、その価格の変動を見ておくことが大事になるでしょう。

査定時に気をつけたいチェックポイント

買取サービスでは、次に売ることを想定して査定を行います。
つまり、自分が中古車を買うときにチェックするポイントが、査定時に特にチェックされるポイントということができます。
例えば、ボディの傷や凹みなどは、査定を受ける際のマイナスポイントになります。

【個人売買サービス】

買取サービスを利用する場合は、買取業者や再販売する業者、場合によってはその仲介業者まで、それぞれ利益を確保する必要があります。
そのため、その分買取額は低くなってしまいます。
そのデメリットを解消できるのが個人間売買。
中間マージンがない分、売る側はより高く売れ、買う側はより安く買えるというメリットがあります。
でも個人間売買なのでトラブルが心配、という人も多いはず。
そんなとき、仲介に入ることで、売る側と買う側双方が安心して取引できるようになるサービスもあります。

Ancar

Ancar


車のプロが、売買について徹底的なサポートを行います。
それにより、個人間売買で不安視される点やデメリットを最小限に、安心して売りに出すことができるようになっています。

売り手と買い手が直接話せる

Ancarは、売り手と買い手が直接コンタクトを取れるという特徴をもちます。
車のより詳しい状態を伝えること、把握することで、双方納得した状態で取り引きすることが可能になります。

プロの整備士がチェックすることで、安心した品質で取引ができる

個人間売買の場合、悪質な売り手だと、状態の悪いものを売りつけてしまうというおそれも。
Ancarでは、納車前に整備士がその状態をチェックしているので、買う側の不安がなくなるのはもちろん、売る側も安心して売却することができるのです。

安心に取引するための充実したサポート

このほかにも、適切な価格設定のアドバイスや、お金のやり取りを心配しなくてすむ決済代行のサービスなど、安心して取り引きをするための手厚いサポートを提供しています。

ガリバーフリマ

ガリバーフリマ


中古車情報サイトであるガリバーが提供している個人間売買のサービスです。

完全匿名で取り引きができる

個人間売買では、通常、売り手と買い手それぞれの情報が示された上で取り引きされています。
個人情報が出ることで、リスクも伴います。
ガリバーフリマでは、仲介が入ることで、それぞれ個人情報を知られることなく、安心して取引をすることができる、というのがその特徴です。

出品中も乗っていられる

通常は、買取依頼をして査定を受けた時点で、車を引き渡して運転することができなくなります。
ガリバーフリマでは、出品中であっても、それまで同様、車に乗っていられるのも特徴です。

エンスーの杜

エンスーの杜


通常のマーケットでは流通させにくい、いわゆるエンスーな車の個人間売買をサポートしているサービスになります。
サービス対象となる車種が特殊なため、利用するには会員登録が必要です。

エンスー車を高値で売ることができる

1000台以上のエンスー車が登録されています。
普通の車と違って、きちんとしたマーケットが整っていないのがエンスー車。
そのため個人間売買では、なかなか買い手がつかなかったり、安く買いたたかれる心配があったりというデメリットがあります。
一方このサービスでは、エンスー車を売りたい人と買いたい人、それぞれのニーズが一致しています
そのため、それぞれの車本来の価値で売りに出すことが可能なのです。

エンスー車でない車を買取に出せる場合も

基本的にこのサービスは、いわゆるマニアックな車種が対象になります。
普通に流通する車を売りに出すのには適していませんが、そういった車でも、一括査定に出してお得に売れるというcarviewのサービスと連携しています。

【オークション】

買取サービスや個人間売買について紹介しました。
いずれも一長一短ありますが、取り引きする価格が決まっているのがデメリットになることも。買取サービスと個人間売買のいいとこ取りをするために、オークションに出すという選択をするのはどうなのでしょうか?
一社紹介することで、このサービスの特徴を見ていきましょう。

セルカ

セルカ


価格を競わせてより高額で売りに出すという、オークション方式の利点を最大限にいかせるサービスです。
一括査定と同様、かんたんな入力で申し込むことができます。
セルカの手数料のほかに中間マージンがない分、より高値で売りに出すことができます。
ほかに、買取サービスのように営業電話がかかってこないという利点もあります。

オークション参加業者が多い

バイヤーが、全国に6000社以上にのぼります。
参加業者が多いほど競争もはたらき、高額での売却が期待できます
通常の買取相場より、数十万円も高く売れたという口コミもあるようです。

安心の査定体制

提携店・認定査定士を数多く有しているという特徴を持ち、高い査定力で、安心して取り引きをすることができます。

まとめ

車を買い取ってもらう際に、選択肢として考えられる様々なサービスについて、その特徴を紹介してきました。
それぞれのサービスが持つ、メリットやデメリットがわかりましたね。

車を売るときの事情は人それぞれ。
紹介したサービスの特徴をうまく利用することで、よりお得に買い取ってもらうための一助になれば幸いです。

-
-,

Copyright© Mono Uru(モノウル) , 2020 All Rights Reserved.