カーネクストはどんな評判?買い取りサービスを上手に使い車を高く売るには?

はじめに

車を新しく買い換えるときには、今まで大切に乗ってきた車を処分することになります。

ディーラーへの下取りや買い取り専門店、ネットークションや個人売買など、今は様々な選択肢の中から、自分に合った方法を選ぶことができる時代になりました。

今回はその中から、カーネクストという買い取りサービスを紹介していきます

どんなサービス内容で、どんなメリットやデメリットがあるのか、どういうところに気をつけて利用すればいいのか、車を売りたい人の立場で見ていくことにしましょう。

カーネクストってどんなサービスなの?

カーネクストは、大阪に本社がある(株)ラグザス・クリエイトという会社が運営しているサービスで、使用済み車両の買い取りサイトになります。

カーネクストの特徴って、どんなところ?

カーネクストには、ほかの買い取りサービスとは異なる特徴があります。

どんなところが特徴的なのでしょうか?

どんな車でも買い取ってくれる

通常の中古車も買い取るカーネクストですが、いわゆるわけあり車両を多く買い取っているのが大きな特徴です。

普通の買い取り業者では買い取ってくれないような車でも買い取ってもらえます。

具体的なところは、メリットにふれる際に説明します。

実店舗を持たない

カーネクストはWeb上の買い取りサイトです。

本部オフィスとテレアポ部門しかありません。

したがって、普通の買い取り店のような店舗がありません

実際に引き取りをはじめとした対応をしてくれるのは、カーネクストと提携している、全国のレッカー業者になります。

その点も、カーネクストならではの特徴になります。

カーネクスト公式サイトはこちら

カーネクストのメリット

カーネクストは、利用した人からの評価がなかなか高いようです。

具体的に、どんな点がメリットとして評価されているのでしょうか。

廃車も買い取る

普通の買い取り店では買い取ってくれないようなコンディションの車でも買い取ってくれるのが、その大きな特徴。

いわゆる事故車や過走行の車、走行できない車などは、買い取っても走らせることができないので、買い取ってもらうことができません。

また過走行の車や年式の古い車などは、まだまだ走行可能だとしても、普通は中古車として売りに出しても買い手はつきませんよね。

なので、そういった車はなかなか値段がつきません。

でもカーネクストでは、こういう車でも買い取ってくれるのが、その最大の特徴です。

どんな車でも買い取ってくれるのはなぜ?

普通の買い取り店では、買い取った車が中古車として売れる見込みがなければ、買い取ってはもらえません。

しかしカーネクストでは、ほかで値段がつかないような車でも買い取ってくれます。

それはいったい何故なのでしょう?

海外へ輸出するから

アジア諸国を中心とした海外市場で中古車として流通するものもあります。

日本国内では、人気や需要がなく、中古車として売れないような車であっても、海外では実用車としてのニーズが高いものも多く存在します

過走行の車など、動かすことのできる車は、こういう形で「第二の人生」を送ることになるのです。

パーツとして再利用するから

車としては価値がなくても、分解してパーツとして再利用できる場合も少なくありません。

また、自動車は一般的に鉄でできているので、スクラップにして金属資源として再利用するという需要があるため、「鉄の塊」として買い取ってもらえるのです。

実店舗を持たないから

先に述べたように、実店舗を持たないため、本来その運営にかかるコストはかかりません。

そのことによって削減できたコスト分を、買い取り価格のアップに反映させることが可能になるのです。

廃車にする場合でも費用がかからない

廃車にする場合、自分で手続きをすると、廃車手続きにかかる費用やレッカー代、スクラップにする費用などを負担する必要があります。

カーネクストに依頼して廃車を行う場合、こうした費用は一切かからずに手続きを代行してもらえます

納付した自動車税がちゃんと戻ってくる

自動車税は、4月1日時点の所有車に対して1年分が課税されます。

年度途中で売却・廃車をすれば月割りで自動車税が還付されます

買い取り業者によっては、きちんと還付してくれないところもありますが、カーネクストでは、ちゃんと還付額を戻してくれます。

ただし軽自動車税の場合、月割りの制度はないので、軽自動車税の還付はありません。

この点は注意が必要です。

カーネクストのデメリット

特徴やメリットのところで書いたように、大きな特徴を持つのがカーネクスト。

その特徴ゆえに、デメリットになってしまう特徴もあります。

どういうところがデメリットなのでしょうか?

普通の中古車や人気車は別のサービスを利用した方が

廃車などの、普通では買い取ってくれない車も買い取ってくれるのがカーネクスト。

先に説明したように、買い取った車は、輸出して海外市場に流通させています。

国内のマーケットにはあまり出さないので、人気車をはじめとして国内で高く売れる車であっても、いい買い取り条件を引き出すのはどうしても難しくなります。

上手にカーネクストを利用するには

カーネクストのメリットとデメリットを見てきました。

そうした特徴を踏まえ、上手にサービスを利用してよりお得に売却するためのコツを説明していきます。

必要になる書類

買い取りの申し込みをする場合、いろいろな書類が必要になります。

車の種類によって必要な書類は異なるので、それぞれ見ていきましょう。

普通車の場合(白いナンバープレート)

・車検証

・自賠責保険証書(車検切れの場合は不要です)

・ナンバープレート

・印鑑登録証明書

・実印

・売りに出す車のリサイクル券

準備するにあたっては、印鑑登録証明書と車検証に記載されている、名義と住所が同一であることを確かめておきましょう。

万が一名義が異なる場合や、引っ越ししても手続きをしておらず住所が違っているときは、ここで説明したほかに書類が必要になる場合があるので、注意が必要です。

軽自動車の場合(黄色のナンバープレート)

・車検証

・自賠責保険証書

・ナンバープレート

・リサイクル券

・認印

利用の流れ

カーネクストを利用して車を買い取ってもらう場合の、一連の流れについて説明します。

前に説明したとおり、カーネクストには店舗がないため、買い取りや引き取りなどは、全て出張での対応になります。

買い取り・査定の申し込み

公式サイトの申込フォームから、簡単に査定申込をすることができます。

カーネクスト公式サイトはこちら

最短5分で、電話連絡が来ます

入力内容の確認(サイトで申し込んだ場合)など、いろいろと質問されるので、車検証を手もとに用意しておくとよいでしょう。

年中無休で、電話で申し込む場合は8時から22時までの受付時間になります。

メールでの申し込みは24時間可能ですが、回答が来るのは営業時間内になります。

金額に納得すれば成約

不動車や廃車など、車両の状態で買い取り額に変動がない場合は、すぐに買い取り額が決まります

掲示された金額に問題がなければ成約となります。

走行可能な車など、実際の状態で買い取り額が変わる場合は、実車を出張査定した後に査定額を掲示されることになります。

引き取りの日程調整

実際に引き取ってもらう日時を調整します。

土日でも対応してもらえますが、原則として立ち会いが必要なので、自分の都合に合う時間を指定しましょう。

どうしても都合がつかない場合、車両の引き取りだけであれば対応可能です。

その場合、書類は後日引き渡しをすることになります。

車の引き取り

自走可能な車、不動車いずれの場合であっても、その保管場所まで引き取りに来てくれます。

レッカー代は無料で対応してもらえますが、契約成立後にキャンセルした場合はレッカー手配代30000円を支払う必要があるので、注意が必要です。

書類への記載

事前に準備する書類については説明したとおりですが、引き取りをしてもらうときに、カーネクストが準備した委任状と譲渡証明書に署名捺印をします。

これがないとスムーズな手続きができないので、印鑑等を忘れずに用意しておきましょう。

代金振込

廃車等の手続きに必要な書類がそろっていて不備がなければ、指定した口座へ、2営業日以内に代金が振り込まれます。

場合によっては、引き取り時にその場で代金を受け取れる「現金即時買い取り」をしてもらえることも。

ただし、自動車税の還付を受ける場合は、各都道府県からの通知を待ってということになるので、数ヶ月後に還付通知を受け取った後に、自分で手続きをする必要があります。

お得なキャンペーンを利用する方法

利用できるのは限定的になりますが、キャンペーンを上手に利用して、お得に買い取ってもらうこともできます。

早割を利用する

車検切れを期に廃車を予定している場合など、予定があらかじめ決まっている場合、早めにカーネクストから買い取ってもらえば、クオカードがもらえるキャンペーンがあります。

56日前までに成約した場合 5000円分

28日前までに成約した場合 3000円分

14日前までに成約した場合 1000円分

車のコンディションが悪く値段がつかないようなケースでも、早めに契約すれば。廃車手続きが無料になる上にクオカードまでもらえるという、お得なキャンペーンです。

キャッシュバックを受けられることも

カーネクストを1度利用した人が友人・知人を紹介した場合、紹介した側とされた側の両方に、それぞれ4000円のキャッシュバックが受けられるというものです。

これは2度目にカーネクストを利用する場合にもキャッシュバックの適用があります。

複数台を売ることでセット特売

キャッシュバックキャンペーンのひとつです。

複数の車両を同時に売ると、1台につき2000円のキャッシュバックを受けられます。

最大30000円までのキャッシュバックが可能なので、法人や企業で車を処分する場合にもおすすめできます。

持ち込みで特典を受けられる

車を引き取ってもらう場合、保管場所まで出張しても代金はかからないのですが、オペレーターが指示する場所まで持ち込むことが可能な場合は、もれなく3000円分のクオカードがもらえます

電話はしつこい?

カーネクストの電話は、一般的な買い取りサービスの電話と異なり、基本的には車両の状態を確認する電話がかかってくるのみです。

したがって、しつこい電話がかかってくることはまずありません

万が一トラブルが起きたときはどう対処する?

カーネクストを運営しているラグザス・クリエイトは、このサービスのほかにも、様々なオンラインサービスを提供している、信頼性の高い企業です。

正規の手続きをふんで書類の不備もなければ、いつまで経っても代金が振り込まれないということはまずありません。

ただし、書類に不備があれば振込が遅れる可能性はあります。

その際、基本的にはカーネクストの方から連絡が来るはず。

それでも、連絡を待ちきれず不安な場合は、公式ホームページで公開されているコールセンターに電話をして、進捗状況を確認することも可能です。

コールセンターは、通話無料・年中無休で、8時から22時までの受付時間になります。

カーネクストでなく別のサービスを使う方がいい場合

これまで見てきたように、事故車や不動車などを買い取ってもらう場合はともかく、年式が古くても自走できる車を、ユーザーが「もう廃車するしかない」と判断してしまうと損をしてしまう場合があります。

少し整備・修理をした上でまだまだ転売できるような車であれば、一定の額で買い取りをするケースもあります。

こういった場合は、1社の買い取りになるカーネクストよりも、一括査定サービスを利用して価格競争をした方が高く売れることもあるので、車の状態を見極めておくことが重要です。

実際の口コミ

基本的に、SNS上での評判もなかなかのようです。

口コミでは悪い評判もあるようですが、これはカーネクストを通常の買い取りサービスと考えて、普通に中古車を売る感覚で利用してしまった人が、「こんなはずじゃなかった」と思ってしまうからなのではないかと思います。

まとめ

カーネクストについて、様々な角度から説明してきました。

普通は買い取ってもらえない車でも売りに出せるのが特徴的なのですが、得意とする車に特徴があるため、どんな車でも高く売れるというわけではないことがわかったと思います。

基本的には、廃車を前提に考えている車を処分するときに利用するメリットのある買い取りサービスということができるでしょう。

この特徴を十分に理解した上で、カーネクストのサービスを上手に使いこなして、高くクルマを売ってほしいと思います。

カーネクスト公式サイトはこちら

-
-, ,

Copyright© Mono Uru(モノウル) , 2020 All Rights Reserved.